アクセス解析
レンタル掲示板
もうひとりのじぶん: ツ・タ・エ・ル

2008年01月08日

ツ・タ・エ・ル

本 今日の天気といい、昨日の天気といい・・・。
晴れてみたり曇ってみたり、小雨が降ってみたりと・・・。
暖かいんですよね、雪じゃなく雨なんだから。

昨年友達から借りた本で、『ツ・タ・エ・ル』って
昔から伝わる年中行事が書かれたものがあります。
この本、なかなか為になって良いですよ。
本屋さんで見つけたら、ぜひ眺めてみてください。


午後から近所の友達が遊びにきて、
正月行事の話になりました。

どんな話かと言うと・・・

暮れの30日に、餅つきをして鏡餅を作ります。
その時に、搗き立ての餅を雨どい(もちろん新しいも)に
流し入れ。お正月に切って焼いて食べてもらうように、
次の日に親戚やお世話になった方々に送ります。

稲刈りで取っておいた藁を打ち、しめ縄飾りを作ります。
旦那さんの仕事なんですが・・・台所にブルーシート
広げて作るんだけど、藁が散らばって別な場所でやって
くれ・・・って感じです。

大晦日の晩に、神棚に『生鮭の切り身・炊き立てのご飯
・七福煮・お酒・お水』を黒いお盆(?)であげます。

友達の家では生鮭は二切れ、七福煮は三日の夜まで
毎日あげるそうです。ご飯も炊いてあげます。

元旦参りの前に、お蕎麦を食べてから出掛けます。
ここ三年ばかりお姉も、巫女さんをやってるので
年越しは家族で神社で銘々に迎えます。

今年しっかり忘れてたのが、『三日とろろ』でした。
前日までは覚えていたけど、実家のババの誕生日
ばかり気になって忘れてました。
失敗、失敗、、、

私が覚えてなかったのかもしれないけど、
友達の話じゃ7日の夜に神棚に
『炊き立てのご飯とお煮しめ(七福煮ね)を
あげてるそうです。
・・・我が家『小豆ご飯』だけだった。

しめ縄飾りを外して、まとめて
柊の木にくくりつけて置いてます。
そんでコノしめ縄飾り、次の元旦に
神社に持って行くんですよね。

そうそう!!七草粥作りました!!
・・・って(^^;
七草はスーパーから買ったものですが。
お店じゃパックに入ってたり、鉢に並んでたり様々ですよね。

七草 『芹(せり)・薺(なずな)・御行(ごぎょう)
・繁縷(はこべ)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)
かぶのこと・蘿蔔(すずしろ)大根のこと

土鍋にお米1カップに水5〜7カップ入れて、
中火で沸騰するまで煮ます。
沸騰したら弱火にして、
気長に40分〜50分コトコト煮ます。
刻んでおいた七草を混ぜ、塩で味付けして
蓋をして10分ほど蒸らしたら炊き上がり。

美味しかったです(^^vたまには、お粥もいいもんですね。

他にもいろいろありましたが、
所かわればきっといろんなならわしがあるんでしょうね。

実家なんて、年越しそばじゃなく年越し餅だったりします。
紅白歌合戦を見終わって、除夜の鐘とともに
石臼で餅をつくのです。
これは昔の話で、今はやってないようですが・・・たぶん。

しめ縄飾り外すのも、夜中に小豆ご飯炊いて
神棚にあげます。これは、ジジの仕事なんですね。


かわいい 年明けに、ハウスの暖房切りました。
その時に切った花を、直売所に明日納品してお休みです。
これから剪定して、母の日に向けて咲かせていこうと
思います。今年は、もっと管理を頑張ってみますよ。

明日の納品に、近所の同い年の友達同伴なんだけど。
直売所見てみたいとか・・・珍しいかも(笑)
その後のお茶飲みのほうが、楽しみなようなんだけどね。
午後からはモップの交換もあって、ちょっと忙しいかも。
いや、うんとだぁ〜ね。わーい(嬉しい顔)
posted by pink-rose at 23:03| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。